フォト

ウェブページ

無料ブログはココログ

カテゴリー「2年生」の記事

2年生試合結果など

2014年1月14日 (火)

滝山チャンピオンズカップ U-8 セカンドステージ

1月11日(土)

滝山チャンピオンズカップの
セカンドステージに参加してきました。
良いお天気にも恵まれました。
清瀬FCは2位パートです。
結果は
vs久留米FC 4-0
vs滝山JFC 0-2
vsMIP 0-0 (PK 1-3)
24チーム中10位!
みんなよく頑張りました。
ボールを呼ぶ声や仲間への指示の声も
たくさんでるようになってきました。
足元の技術や体格には個人差がでてしまいますが、
ボールに向かっていく気持ちや、仲間を助けようと
思う気持ち、そして何より試合に勝ちたいという
気持ちでその差を埋めることができます。
今大会も、もっと上位になれたかもしれませんね。
2年生のみんなは、どんどん上手になってきています。
もっとサッカーをよく知って、頭も使ってプレーすれば、
もっと楽しくなると思います。
これからがホントに楽しみな2年生、
みんながんばれ!
ルイっす・フィーゴ

2013年12月25日 (水)

12月23日(月) 2年生練習試合

清瀬からはかなり遠い飯能の岩沢運動公園で練習試合をしました。

朝が早く、寒いため、着いたときはまだグランドが凍ってましたが、時間がたつにつれて氷がとけだし、グランド全体がぐちゃぐちゃで子供たちには気の毒なコンディションでした。

練習試合の形式は
午前は、集まった8チームを2つに分けて4チームのリーグ戦。
午後は、トーナメント。

いつもの練習試合とはちがい順位がでるためか、どのチームも、もり上がってました。

<結果>
○午前(リーグ戦)
第1試合 VS サウスユーベ 0対0
第2試合 VS 勝瀬      1対1
第3試合 VS 扇FC      3対3

3引分けの2位

○午後(トーナメント)
1回戦       VS レアル狭山 0対2
1回戦敗退同士 VS 宇津木    2対4
7、8位決定戦  VS 勝瀬     0対2


今日は結果的に8チーム中8位という大変ざんねんな結果になってしまいました。
さいしょにも書きましたが、グランドコンディションがとてもわるくみんなグランドに足をとられて、ボールさばきにくろうしている感じがしました。
このようなグランドコンディションのときは、ドリブルもいつものような足もとだけでなく少しつよめにボールを前にけりだしながらするというくふうが必要になります。次回にチャレンジしましょう!

ただ、今日はすべての試合にいえることですが、人にまかせることがおおい(とくに失点したとき)、声を出す人がすくないなど、わるいところがすべて出てしまった感じがします。失点したときはみんなしたをむいて気持ちがへこんでしまい「とりかえすぞ!」といった気迫を感じませんでした。
点を取られたら、取りかえす。「倍返しだ!」の気持ちがほしいです。

サッカーで大切なことは、チーワークです。
サッカーは11人(8人)でやるスポーツなので、自分がプレーしていないときにはいかに仲間を助けるか大事です。ボールをもっている仲間に声をだしてパスをもらう、ボールを相手からうばいにいっている仲間をたすける、ボールからはなれているときには声をだして助けるとかいくらでもやることがあります。人にまかせないで積極的にやりましょう。
また、ボールをとられたのにとりかえしに行かない子が多い。人にませないで自分がボールをとられてたのならば自分でとりかえしましょう。これはサッカーでは基本ですが、とても重要なことです。みんなできていますか?「さっきはとりかえしたよ」ではダメです。必ずとられたらとりかえしに行く。それは絶対にやる。それだけでも守りはかたくなると思います。

ところで、
みんなは、ふだんの練習ではコーチたちが言ったことをたんたんとやってはいないでしょうか。コーチたちが教えてくれる内容は一つ一つに意味があって、それをわかって練習をしないと、練習のための練習になってしまいまったく意味がないです。ひとつひとつの練習の意味を自分で考えて、判断する。これができれば試合で絶対に生かされるし、上達のスピードもあがります。練習の意味がどうしてもわからないときはパパに聞いて!
そして、練習でおぼえたことは試合でチャレンジしてみる。練習試合のもくてきは試合に勝つことだけでなく、練習のせいかをいかにだせるか、だと思います。全員が練習のせいかを試合でだせば、おのずと勝利はついてくるし、たとえ試合に負けたとしてもコーチはきっとほめてくれるのではないでしょうか。
頑張りましょう!!

今日のこのくやしさをぜひ今後に生かしてください。「いつ生かすの、今でしょ!」
パパ達も大変くやしかったです。期待しています。

最後に、
寒い中、審判と子供たちへのご指導してくださったコーチ、そして応援してくださった保護者の皆様、大変お疲れ様でした。

K15 パパ

2013年12月22日 (日)

2013/12/21(土)2年生 滝山チャンピオンズCUP U-8

全24チームが参加するCUP戦で、今まででもっとも大きく、かつ“強ごう”ぞろいの大会。

2ステージ制で、今日は第1ステージ3試合(前・後半各15分)が「立川市立 西砂小」で行われました。

清瀬FCFブロック 

 

第1試合 VS 西砂青少年SC      2対0 

第2試合 VS バディSC江東   0対2 

第3試合 VS 新座たけしの    1対0 

 

2勝1敗で2位パートにすすむ事が出来ました。

おめでとう!

 

今日の3試合、一言でいうとみんな良く走り、一人一人の試合におけるしゅうちゅう力も今までで一番だったと思います。

特に、声が出てきた点は、みんなの試合に“勝ちたい”という思いが強まってきたことのあらわれかな?

試合中のみんなの表情を見ていればわかります。

さいきん、プレー中“おぉ、いい顔している”とかんじる事もふえてきました。

 

さて今日の試合、内容的には4チームともそれほど力の差はなく、どれも最後まで“きんちょうかん”のある試合でしたね。

それだけに、“よく”をいえば全勝も!というくやしい思いもありますが・・・

 

 第1試合 

昨日までの雨でグラウンドがぬかるむ中、それぞれが声をかけ合い、スペースやフリーの選手を見つけるとそこへパスを出すよう気付いた“ふくすう”の選手から指示が出せていました。

そんな中、前半まず左サイドからのセンタリングを中央でダイレクトシュート!1点先制

その後、同じく前半、中央のこぼれ球をひろって、そのままドリブルシュート!2-0で快勝。

 

 第2試合 

前半は0-0と、ほぼごかく。FCもゴール前でチャンスを何度か作りましたが決めきれませんでした。

後半は終始押され気味、相手は足元のうまい子が何人かいて、ボールへのよせの速さ、たまぎわの強さ、スペースに走りこむタイミング等、ほんの少しですがその差が結果につながったように思います。

結果2失点で敗戦。

 

 第3試合 

前半は押し気味でしたが、後半は逆に終始押され気味、あぶない場面を何度かふせぎながら0-0のてんかい、試合終了間際に中央で相手ボールをカットし左サイドへ流れドリブル、ゴール付近で相手足元のボールをクリア前にシュート!決勝点。

そしてゴールと同時に試合終了。

チームとして最後まであきらめずに戦えた結果が最後のゴールそして勝利につながったのだと思います。

 

最後に、FC2年生のみんな

サッカーをもっともっと楽しもう!

楽しむには、つらい練習ももれなく付いてくるけど! 

『 サッカーが簡単だったことは一度もない 』

                              by  ジネディーヌ・ジダン

HARU P

2013年12月 8日 (日)

12月7日(土) 2年生練習試合

12月7日(土)

西堀小にて西堀キッカーズさんと

11人制、前後半15分×3試合の練習試合をしてきました。

<試合結果>

第一試合 1-3

第二試合 3-1

第三試合 2-1

競った内容の中、2勝1敗は良かったかな。

第一試合の前半以外は

押し込む時間が多かった試合でした。

しかし、ゴール前には相手チームの子が6~7人居て

ゴールに結びつかなかった印象があります。

あと、特定の子がボールを持つとフォローに行かず

相手に囲まれてはボールを奪われていました。

みんなで攻めて、みんなで守る。

清瀬FC2年生のサッカーはできていたかな?

もっとみんなでフォローしあってプレイができれば

無失点の試合もきっと増える。

がんばってください♪

授業日の学校があり

11人出席で全員出っぱなし。

みんながんばったと思います。

全員で協力してどんどん強くなってください。

いつも応援しています♪

最後に今日はコーチ陣がTコーチ一人。。。

お疲れ様でした。いつもありがとうございます。

RTパパ

2013年11月25日 (月)

11月23日(土) 陣屋カップ

大和田少年サッカー場にて

陣屋キッカーズさん、西堀キッカーズさん、片山FCさん、新座第四さんと

陣屋キッカーズさん主催の陣屋カップを行いました。

結果は下記の通りで、優勝することが出来ました!

Image04_3

                   やったね♪

第1試合

清瀬FC 4-3 西堀キッカーズ

第2試合 

清瀬FC 1-0 新座第四

第3試合

清瀬FC 5-0 片山FC

第4試合

清瀬FC 0-1 陣屋キッカーズ

チームのみんな、おめでとう!

監督、コーチの皆さん、保護者の皆さんお疲れ様でした。

そして、おめでとうございます。

勝敗的には、清瀬FCと西堀キッカーズが3勝1敗で並んで

得失点1の差で辛くも逃げ切った大会でした。

試合の内容は、第3試合以外は1点差の見ている側も

非常にシビレる内容で、1試合目、2試合目はカウンターを

食らって「あぁぁぁ~」という場面がけっこうあったように思います。

カウンターされた時のフォローというか心構えが必要かなと思いました。

3試合目はうまくハマッた試合だったのでしょうか?

危なげなかったように思います。

4試合目が一番苦しい試合でスコアは0-1ですが、

もっと取られていてもおかしくない試合でした。

みんな足が止まってしまって寄せたい所で寄せきれず

チャンスを逃したし、ピンチもたくさんありました。

全ての試合で言えることですが、攻めて行ってボールを

とられた後まだ寄せればチャンスがあるのに足が止まって

見てしまうというもったいない所もありました。

4試合目は清瀬FCのみんなより相手チームの子たちの方が

気持ちで優ったような試合でした。

やはり、「最後も勝って気持ち良く優勝」と

チーム関係者も当然子供達も思っていたでしょうが、

そこは今後の課題ということで・・・。

優勝おめでとう!!

JT

2013年11月20日 (水)

11月17日(日) 2年生練習試合

2013年11月17日(日) 練習試合

東久留米第七小学校にて滝山JFCさん、MIPJSSさんと15分1本の練習試合をさせていただきました。

第1試合
清瀬FC Vs 滝山JFC

0 : 3

立ち上がり、いつものように動きが悪く、声も出ず、終始浮き足立った試合でした。
ボールだけに集中し、周りの動きが分からず攻めも守りも仲間のフォローが出来ていませんでしたね。
最終ラインでボールを持っていたOに対し誰もボールをもらいに行かず、相手FWに取られ失点したのがとても印象に残っています。

第2試合
清瀬FC Vs MIPJSS

3 : 6

立ち上がり、第一試合を引きずるように動きが悪く、声も出ずにいましたが、中盤に入ってようやく動きがいつものように戻ってきました。
が、後半に入って足が止まり立て続けに失点してしまいました。

第3試合
清瀬FC Vs 滝山JFC

3 : 1

ようやくいつもの調子をとり戻し滝山のサイドへのパスが出る前に前線からプレスを掛け、攻撃の目を潰していましたね。
攻撃面も旨くパスが回り始めいつもの清瀬FCのサッカーが出来ました。

第4試合
清瀬FC Vs MIPJSS

0 : 7

完敗でした。が、一番収穫の多かった試合だと思います。
3点目位を入れられた後、子供たちが何やらピッチ上で話合い、自チームのキックオフにも関わらず3名ほど自ゴールで待ち構え、守備固めに入ってました。
結果・・・続けざまに3失点。
子供達の出した答えが結果旨く行きませんでしたが、状況を判断し、自分たちで対策を練り実行する。
この経験が次の試合に繋がるとても良い経験だったと思います。

第5試合
清瀬FC Vs 滝山JFC

2 : 0

第4試合で守りに入っては駄目だと痛感したのか、前線から激しくプレスを掛け、完全にいつものスタイルを取り戻しました。
守備も安定感があり安心してみることの出来る試合でしたね。

第6試合
清瀬FC Vs MIPJSS

2 : 0

5試合目同様完全にいつものスタイルを取り戻した清瀬FC。
前線から激しくプレスを掛け、守備も安定感のある良い試合が出来ました。

MIPJSS(MIPジュニアサッカースクール)さんとは初めての対戦となりますが、選手たちは皆平均して背が高く、スピード良し、フィジカル良しの非常にバランス取れた強いチームだと思いました。

今日の試合はいつもより立ち上がりに動けない、周りが見れない試合でしたし、復調に時間が掛かったのはTコーチがお休みだったからかな?
普段の練習で試合の日のようにウォームアップをしてゲーム→いつもの練習なんて事をすると良い対策になるのかどうか分かりませんが、克服しなければいけない課題だと思いました。

監督、コーチ陣、保護者の皆様、
お疲れ様でした。

S丸

2013年10月15日 (火)

清瀬市サッカー連盟 2年生市内大会

清瀬市サッカー連盟 2年生市内大会

連休初日、下宿第3運動公園サッカー場にて清瀬市サッカー連盟2年生市内大会に参加しました。

第1試合(15分)
清瀬FC Vs 清瀬ジュニア    5対0

第2試合(15分)
清瀬FC Vs YSCK'sフレンド  7対0

第3試合(15分)
清瀬FC Vs VALIANT A       3対2

真夏日の中、暑さに負けず見事3連勝を飾ってくれました。
みんな頑張った!!

特に良かったのは、2年生は団子サッカーなので、いつもはカウンターによる失点が多いのですが、今回はカウンターによる失点が0点でした。

対戦相手は特にカウンターのチームではありませんが、それでもカウンターの失点が多かった2年生、これは前線からみんなが積極的に動いてカウンターの芽を摘んでいたこと、何人かが必ずボールを持っている人のフォローに行っていたことが成果として出たのだと思いました。

ただし、第3試合の2失点は完全に防げた失点です。
相手をフリーにせず、早めにチェックすることで、この失点は防げました。

誰かがやってくれるではなく、自分で実行する強い気持ちをもって試合に挑みましょう!!

S丸40

2013年9月26日 (木)

9/22(日)2年生 練習試合

滝山JFC主催の練習試合

 

相手は3チーム、これまで何回か対戦したことのあるチームです。どのチームも強いので、気持ちで負けないこと、全員で攻めて全員で守らないと勝てないことを話しましたが、

結果は以下のとおり。

 

1試合目 VS 西堀キッカーズ  (2-4)負け

2試合目 VS サンデーSC    (4-1)勝ち

3試合目 VS 滝山JFC      (2-4)負け

 

全体をとおして、どのチームも寄せが早くガツガツくるので、思うようにボールを持たせてくれませんでした。

絶対勝つという気持ちで戦えた子が何人いたか?

もっと頑張れる子が何人もいたはずです。

近くにいるのにボールを見るだけだったり、ボールを取られても取り返す動きがなかったり、

攻めだけだったり、守りだけだったり、などなど。決して実力差があったとは思いません。

要は戦う姿勢。スポーツは何でもこれが基本だと思います。相手にボールをフリーで持たせない、フリーでシュートを打たせない。

これは相手に素早く体を寄せ自由を奪うことでまずは防げます。今回の失点もこれをやるだけで防げた点数もあったと思います。

自然にできるように練習のときから意識しなければいけません。

 

2年生はだんごサッカー大いに結構です。ボールの近くにいれば取りにいくなど、もっとボールに絡んで欲しいです。

次に、そこを抜け出すためにドリブルをする方向、あるいは持っていない子がスペースに走る(オフザボールの動き)など、どうすれば団子状態を抜け出せるかを考えること。練習あるのみ。次は負けません。

とだ

 

2013年9月 9日 (月)

9/8(日)2年生 新座4小と練習試合

今回は2343学年で新座4小との練習試合。2年生とっては久しぶりの練習試合となりました。
当日は雨まじりの空模様でしたが、何とか予定通り実施。ここのところの暑さに比べれば涼しい1日となり体調をくずす子もなく、2年生は15分を3本行うことができました。
結果は以下のとおり。

清瀬FC2年):新座4小(2年)

1
本目     3 : 0
2本目     2 : 0
3本目     4 : 0

夏休みが終わり、気分が乗ってないのか、全体的に動きは今ひとつ。
理由のひとつはドリブルできるのにパスを選択していた場面がいくつかあったこと。パスを出して自分が貰う動きができていればいいのですが、パスを出してお終い。
次に声がでていないのが理由の2番目。動いている試合は「ボールが欲しい」という声が自然に出てきます。

1
本目が終わったときにドリブルをすること、2本目が終わったときには声を出すこと、と出来ていないことを話し次の試合で実践することを約束。ドリブルはいつも練習でやっていることを試合でチャレンジすること。声はスペースに走って出すこと。声を出すことはサッカーの技術ではなく気持ちの問題。誰でも意識すればすぐにできることです。

2本目、3本目は約束した2点は徐々によくなりました。3本目だけは11人制で行ったため、シュートは入りづらかったと思いますが、久々にKがシュートを決め、チームメイトにいじられ照れ笑い。最後の父兄への挨拶もKがキャプテンとして大きな声でしっかり挨拶をすることができ、盛り上げてくれました。

今回のよかったところは無失点で抑えたところ。ただ、みんなはもっと出来るはずです。
これからまた一生懸命練習をして一人ひとりがレベルアップできればサッカーもどんどん楽しくなると思います。

戸田

 

 

 

2013年6月23日 (日)

2年生★2013.06.23練習試合。

2013年6月23日(日)下宿第三グラウンドにて。2年生の練習試合が行われました。

soccer試合結果soccer

VS 清瀬イレブン。

13 - 0

VS 陣屋キッカーズ

0 - 0

VS 西東京いづみ

2 - 4

今日の試合は、あまり団子サッカーにならZU、ドリブルとパスを両方使いながら試合をしていました。フリーの選手も、味方を呼ぶ声が出ていてパスをもらう準備を少しずつですができるようになっていました。

しかし、守備面では誰かが取りに行くと任せてしまい戻るのをやめてしまう子が多く、カバーをすることをしない子がまだまだ多いため、少し強い相手と試合をすると負けてしまう。。。とても悔しい負け方でした。

今日の一番すごいプレーは、対西東京いづみの同点ゴールを決めたRのプレーでした。ハーフラインから、後ろからユニフォームを引っ張られながらもドリブルでもっていき、ペナルティエリア前で最後は相手がたまらずファールをして得たフリーキックを左にビシッと決めてくれました。

ファールされても負けずにドリブルをして絶対に決めるという気持ちが伝わってくるゴールでした。

他の選手も、気持ちで負けない、絶対に勝つという気持ちの入ったプレーを試合だけではなく、練習の時から見せてほしいです。

キノコ。

より以前の記事一覧

カテゴリー